ここらを知る旅 - ココラノ通信

”今” この時を記録しよう

[21]時山発電所

時山第一発電所
ちなみに水力発電所です

時山第一発電所内部
制御盤が残ってます。

工具も残されていました

奥にある青い物体が水車です
左側に発電機があります

時山第二発電所へ行ける道中にある白石工業が設置した電柱です
現在は、普通に行けるところのすべてが撤去されています
(実は、簡単に撤去が出来ない場所があり、よくよく探せば残っています)

時山第二発電所です
書いてあるのは、もちろん落書きです

時山第二発電所の内部です
暗いです

時山第二発電所も水力発電ですので
おそらく水を流したり止めたりするハンドルでしょうか?

こちらは水車が下にあるようです
沢山のベルトを経由して右奥の黒い発電機を回していたようです

雑記

  • 時山発電所は、白石工業が利用していた水力発電所である。
  • 第一発電所と第二発電所が存在する。
  • 第二発電所に書かれているのは、落書きである。(2009年5月以前に書かれたもの)
  • ここらで発電された電気は、藤原鉱山の方へ送られていたそうです。
  • 第二発電所へ続く道路に存在していた電柱は、すべて撤去されていました。(2012年)
  • 第二発電所へ続く道路は、自然災害によって多々、路肩崩壊しています。(2013年4月現在)

次へ 投稿

前へ 投稿




© 2020 ここらを知る旅 – ココラノ通信

テーマの著者 Anders Norén