[22137]夏焼隧道

夏焼隧道南側(2019年2月)

隧道概要

  • 竣工:昭和11年
  • 延長: 1,233m(建設当時は 1,238m)
  • 高さ:4.3m
  • :3.7m

雑記

  • 国鉄飯田線の隧道でしたが、昭和30年11月1日に佐久間ダムの建設に伴い、飯田線が別ルート(水窪方面から大原トンネルで大嵐駅)になったため、一般道路の隧道になりました。
  • 今でも所々に、待避坑が残っています。
  • 夏焼から大嵐に向かって上り坂になっています。
  • 途中に大きな入れる横穴があります。(行き止まり)
  • 以前の隧道照明には、蛍光灯器具が使われていましたが、今はLEDが使われているようです。(電気屋の見立てなので、確認はできていません)
夏焼隧道内部(2019年2月)